読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラクダがお腹にやってきた

産婦さん。

そう、お腹にはかわいい赤ちゃんがいたけれど、すでに赤ちゃんは小脇に抱えている産婦さん。つまり、お腹の中は空っぽのはず。

はず。

では、なぜお腹のプヨりんは丸々としているのでしょうか。

 

出産後、様々な状況、会陰切開の痛みからの離脱を経て、ちょっと冷静にいろいろ考えることができるようになって、ふと自分のお腹を見ると。

丸いコブが一つ。

ポヨよよよーん。

と揺れる揺れる。

 

初めてラクダの背中のコブが脂肪で出来ていて、意外と柔らかいとい話を映像で見たときの衝撃にも似ています。

 

異常な柔らかさ。

例えて言うなら、パンナコッタをストッキングに入れて(水漏れしないという設定で)お腹の上で震わせているような、他人感溢れる塊。

 

なんじゃこら。🌚(大福ではない。)

ポロローンポロローン。

ピョルンピョルン。

右に左に右往左往できる質感です。

 

これは、しぼう?

 

よく、産後ダイエットは6ヶ月が勝負!何て言いますが、

ああ、これね。

って感じでこれなら落とせそうな脂肪感。

なんとも不思議な出っ張りとしばらく付き合うことになりました。

 

しかし、この脂肪。確かに落としやすいのかもしれないけれど、なんとも情けない形状。

せっかくワコールの産前産後ベルトをしつつも、

f:id:meiAiem:20170118192426p:plain

抑えきれないこの脂肪感(プルリン)。

旦那様に触ってもらうと、思わずの失笑。

 

いやいやこれに、今まで我が子が守られてきたんだから!

と思うも、少し情けないプルううん。

これからのダイエットにちょっとだけ不安がよぎるのでした。

妊娠線のその後、に続く

 

 

meiaiem.hatenadiary.jp