読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠線のその後

結局、生活の木で購入したオイル(3本)で妊婦生活を乗り切りました。

肝心の妊娠線は、見えるところはちゃんとケアできていたように感じます。

背中やお尻なども大丈夫だったようです。

ところが、思わぬ刺客

そう、

お腹のした。いわゆる出産後のラクダのこぶのようにタルンタルンしているお腹の下の方にひび割れが!!!!

 

なんたる失策。

 

確かに、お腹のケアは、ずっと円を描くように優しくマッサージを続けていました。

もちろん鏡でチェックすること欠かさず、毎日、毎晩きっちり塗っていましたとも。

しかも、お風呂に入っている主人からの指摘。(浴槽に入って、下から見上げるかんじで)

まさか、とお腹の肉をたくし上げてみれば、確かに赤い線が何本も走っているではないですか。危惧していた(エイリアン)になるとは…。

悔しさがこみ上げてくるものの、できてしまったものはしょうがない。

そもそも、このお腹のたるみがなんとかならないと話にならない。

ということで、発見以来7カ月となりました。

結局どんな感じになったかというと、赤かった線は白い脂肪割れの線になり

たいして目立たなくなりました。

ビキニでも着るなならまだしも、パレオをまけばなんてない感じ。

うん、こんな線よりまずはお腹の脂肪!。

しかし、産後ダイエットの六カ月のタイムリミットはとうに過ぎてしまったのでした。