読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘の代償

お母さんに嘘つきました。

もちろんあれです。赤ちゃんの嚢胞についてです。

生まれてくる待望の孫の体に、正体不明の黒い丸があるなんて、知ってしまったら夜も眠れなくなってしまいます。

ただ、どうやって転院したことを告げようか、それが問題でした。

普通の病院から、総合病院に転院だなんて、普通じゃないですよね。

なので、なにか良いいい訳がないかな、と思っていたら、妊婦検診の中の問診で

35歳以上で

かつ

家族の中で糖尿病患者がいる

でなんと検査の必要があると言うことが発覚!

ラッキー(?!)

この状況を活かさない手はない。

と言うことで、高齢出産兼糖尿病患者のリスクと言うことで、転院したと話をしました。

わりかしお母さんを騙せた手応えはあり、その代わりお父さんには悪者になってもらいました。

 

実際の検査では空腹で病院へ行き、炭酸一本飲んだ後に時間差で4回血を抜かれると言うもの。

検査結果には問題はなかったものの、かなりフラフラになりながらこなすことになりました。

 

しかし元々低血圧。

44/88というダブルスコアを叩き出すほどの実力はあるので、糖尿とか高血圧とか他人事だと思ってました。

しかし出産時にまさか、それが自分に降りかかるとは…

全く思いもよりませんでした。