読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘の入院…、怒涛の日々。

娘の入院二日目、そして私の退院日。

産婦人科を出て、そのまま小児外科へ。そして個室に入っていた娘、と憔悴しきった旦那様。

一晩で何があったのか。どうやら、娘と初めて過ごす夜、何をしていいかわからずほとんど寝ずに起きていたらしい。

お疲れ様、と声をかけて娘との再会。

そのあと、怒涛の入院のための資料や署名を行いました。読めば読むほど頭が混乱してくる資料。とりあえず、書くだけ書いて、クリアファイルにしまうことに。

担当医に病状説明をしてもらい、病名を教えてもらうと胆道拡張症の疑いあり、とのこと。今まで3cmの黒いまる、だったものに名前がつきました。

今まで、エコーで形を見て、嚢胞というキーワードで散々検索していたため、その病名には馴染みがありました。

そして、もう一つの病名、胆道閉鎖症の可能性もあるよ、と。

同じような名前で、でも段違いに重さが変わってくる病名。

担当医の先生は、拡張症の方でほぼ話を進めていた。

もしも、の可能性で閉鎖症の話をしていた。

その違いは、私にはわからなかった。

ただ、担当医の口から語られない、生存率のパーセントばかり脳裏にちらついた。

 

様子をこれから見て行って、それによってこれからが決まります。

と言われ先の見えない入院生活が始まりました。

 

様々な同意書に署名をするたびに、底知れない不安がこみ上げてくるのでした。