読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産婦人科からの小児外科

ここからは、これから始まる赤ちゃんの入院治療について

まだ何の病気か確定できない状況が少しずつ変化していく毎日

不安と、産後の体調不良。初めての子育てと手術までの道のりです。

 

出産して四日目、赤ちゃんにしてみても生まれて四日目で小児外科に異動になりました。

ポットと呼ばれている赤ちゃん用のベットのまま、同じ棟にある小児外科へと転院です。

今までは、私が入院しているため、赤ちゃんは付帯物として扱われていましたが、これからは赤ちゃんがメインになるため、私が付帯物になります。

この病院では、24時間保護者付き添いが義務づけられているため、赤ちゃんの入院、即誰かがそばにいないといけない、ということになるのです。

しかし、私はまだあと1日入院しなければいけなかったため、代わりに主人がその日の晩赤ちゃんと過ごすことに。

しかし、困ったことが。今まで産婦人科の方では望めばいくらでもオムツが貰えたのに、小児外科に異動になると決まった瞬間に全てのオムツが回収されてしまったのです。

まあ、当然と言えば当然。あまり疑問も抱かず小児外科に異動し、さてオムツはどうするかというところで、

すいません、オムツどうしたらいいですか?

と質問

看護師さんも予想していなかったらしく、さまざまなオムツをかき集めてきてくれなんとか対応することに。しかしそれでも、結局足らず、どうしようもなくなり産婦人科に泣きつくことに。

夜中にまさかオムツをもらいに来る元患者がいるなんて考えもしなかったでしょうが、そこは優しく対応してもらいました。

そこまでであとは旦那様とバトンタッチ。私自身は産婦人科にある自分のベットに戻ることに。

そのあとは赤ちゃんと過ごせない不安よりも、これから始まる赤ちゃんのための入院生活のために考えないようにしながらも、不安な夜を過ごしました。