読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胎児+羊水+出血=痩せる体重?

簡単な算数の問題です。

生まれてきた胎児+羊水+出血=痩せる体重

ですよね。

そう信じている妊婦さん。私は少なくともそうでした。

出産のときに出血大量と言われ、生まれてきた胎児もしっかり40週お腹の中で育んできたのでしっかりまるまると太っており(しかも会陰切開しないといけない大きさ)、そして、健康的な和食ずくめの病院食とささやかなおやつ(病院提供)。

このラインナップ!

これは間違いなくがっつり痩せている、と当然ながら考えました。

取らぬ狸ではありませんが、とりあえず計算すると

2970g(赤ちゃん)+2618ml(羊水と出血)=4kg?ぐらい

ということは、66.6kgの体重がまあ、少なく見積もっても62kgになってるってことかな、と。

 

そして、退院当日。最後の計測日。

63.6kg…???

あれ?

あれれ?

たったの三キロしか減ってません。

正味、赤ちゃん分しか減ってない。

おかしい。

あれだけの苦しみを乗り越えたにも拘わらず、元どおり?

お腹の真ん中には、ラクダのコブがポヨンポヨン。

もしや、

産んだだけでは、

痩せない?

そう、気付かされた計測でした。

 

次回の内容は、いよいよ生まれたばかりの子供の入院についてです。

入院、手術、退院までの怒涛の約2ヶ月について、書き残していきたいと思います。