赤ちゃん浣腸、毎日浣腸。

毎日、毎日浣腸。

そう、朝浣とでも言っておきましょう。

たまに予防接種とかで病院に行くと

「赤ちゃんの便秘、ほおっておくと大変です」

というキャッチコピーとともに4、5日でない時には…。

なんて書いてある。

いやいや、そんなこと。我が子に発生しようもんなら

命の危機🌚

です。

去年の退院直前から今まで約一年間。

ずーっと浣腸をし続けています。

どうやら、便秘になってしまうと雑菌たちが肝臓の方に悪さをするとかなんとか。

なので、毎日しっかり排便することはとっても大切なんだそう。

そういうこともあり、朝は必ずグリセリン浣腸をしています。

そして、知り合いのお母さんが(産休一年で職場復帰)

「トイレトレーニングは早い方がいいわよ」

と、6ヶ月で実践し(ちなみに同じ時期に離乳食で大人用の白ご飯をあげていた強者)ていたという話を聞き

 

そうだ、どうせ浣腸してるんだし

浣腸してそのまま便器に乗せれば出るんじゃね?🌞

となれば

そうだトイレに行こう!(片付けも楽だ)

となるわけです。

 

しかし、そう甘くなく、一日目は成功するものの

二日目はグリセリンが勢いよく排出されただけでその後は音沙汰なく(その後オムツには出しましたが)

しばらくトイレトレーニング(という名の手抜き)はお休みすることに。

しかし、12ヶ月を越えたあたりから、再チャレンジすることに。

すると、当初の心配もなんのその。

無事にしっかり排出されるようになりました。

トイレの便座には、愛用のバンボを買った時にお揃いでトイレ用も購入しています。

まあ、微妙に身を乗り出しますが一緒についていれば特に問題はありません。

それよりも、1回分片付けが楽になるのは画期的!!!

浣腸は手間だけど

最近は脱がすのも一苦労だけど

もちろん履かせるのも一苦労

 

あれ?プラスマイナスマイナス?????

 

もちろん快便の一助には、白ご飯ではなくオートミールを与えています。

食費はバカ高くなります。一袋350円はしますからね。

美味しいかどうかは謎です。

ほんのり甘いです。

でも、昔見た映画で薄暗い部屋の中で、よく分からないヘドロ状の食べ物を啜っている陰鬱な表情の主人公(フランス映画だったかな?)のイメージがあり私自身はオートミールは好んで食べてませんが、我が子にとってはこれが朝ごはんスタンダーになっていくのだろうな、と。

 

白いご飯はデザートです。

 

それのおかげもあり、一日平均3回の排便。

今日もいいのが出て、大満足です。

朝浣万歳!!

 

パンパースめ!やっと分かりおったか。

生まれてからずっとお世話になっている紙おむつ。

もちろん最初は、産院からもらったうさぎさん印の物を使っていました。

ところが小児科に移る時に全てのオムツを取り上げられ、途方に暮れていたため小児科で相談し、みなさんからの善意のオムツをかき集めてもらいました。

結局、その中でしまじろう印のオムツを愛用することとなりました。

テープからパンツタイプへと進化する中で気になる形がありました。パンツタイプの中央にある透明テープ、これは一体なんだろう?

私にはさっぱり意味がわからなかったんですが、旦那さんがこの形はオムツを丸めて止めるためのテープじゃない?と気づいてくれました。

しかしそれがわかったところで、使い方がいまいちわからずそのテープを使う事はほとんどありませんでした。

なぜ使えなかったか。

イッテQの番組でイモトさんが猫のイラストがプリントされたパンツを履いていましたが、ものすごく違和感を感じた方多かったのではないでしょうか。

私もいろんな意味で違和感を感じていたんですが、猫の顔がおまたのあの位置に来ると言うもの。

おかしくない? 

あんなかんじのって、バックプリントじゃない? 

何かの刷り込みでしょうか。🌝

そう、しまじろうのプリントに関しても、あまりにも顔が大きく描かれていたため、顔をおまたの方ではなくお尻のほうに向けてしまっていたのです。

そのため、本来なら両サイドを手でちぎったあと、汚れたところを前の部分を使ってくるくる丸めるとちょうどお尻にあたる部分の透明テープをくるっと巻きつけることができるわけです。

なるほど。🌝

何が悪い?思い込みが悪い。🌚

けれど前後逆に入っていたとしても、お尻からの横モレや後ろ漏れが無かったというのは、逆の意味ですごい。

 

そして最近出たパンツタイプのしまじろう。

いろいろ使いやすくなっていていましたが、特筆すべきなのは何よりもその前部分のデザイン。

漢字で「前」と書かれていたと言うことです。

なんだ、私だけじゃなかった。🌚

ちょっと安心した、最新作のパンパースでした。

 

術後テープ卒業。

祝術期テープ卒業。

ようやく、手術から1年が経ちました。

ちょうどお腹の右側にある傷口。

主治医の先生は、半年位で大体とるんだけどね。と言っていました。

退院してからというもの、その言いつけを守りお風呂のたびに傷口を消毒し傷テープを貼っていました。

傷テープの種類によっては、かぶれたり赤くなったり、貼りにくかったりと様々な困難がありました。

さらに、テープを貼っているところは白いままで明らかに傷口が目立つような状況になっていました。

見た目を気にした旦那さんが、何度も、もう傷テープいいんじゃない、と外したがっていましたが、主治医の先生が半年って言ってるんだからそれまで頑張ろうと言うことでがんばって貼っていました。

ところが、半年と言っていたが主治医の先生はまぁ半年から1年ぐらいかなぁ、にかわり。そして1年ぐらいかなぁにかわり。そのたびにいつ外せばいいのかとやきもきしていました。

そしてついに、テープを外す日が来ました。

これでテープを貼るのは最後だよと我が子に話して聞かせて、はがす瞬間思わず涙がポロリ。

長かったなぁとしみじみと思いました。

もちろんこの病気、これからも長い長い戦いが続きます。

風邪が流行る時は気が抜けないでしょう。

それでも、この毎日の積み重ねがこれからの我が子の明るい未来につながっていくんだろうと思うわけです。

体には手術の後以外にも、CVの痕、1回目の手術のチューブの痕、両手の甲にあるたくさんの注射の痕。

きっと女の子だから、気にする時が必ず来ると思うけど、この傷跡がこの子にとって大きな試練を乗り越えた証拠だと胸を張って言う日が来るといいなと思います。

さあ、明日からも笑顔で頑張ろう。

一緒に頑張って行きましょう。

乗り越えられる壁(赤ちゃん編)

壁は乗り越えるものだ。私はそう思う。

小さい頃からいくつもの壁を乗り越え、立ち向かい、特に挫折し、しかし上り詰めた時の達成感。

そう、だから壁は必要なのだ。

しかし、しかしわが子よ。

ソファーだけは乗り越えないでくれ。🌚

今まで、少しずつ行動範囲が広がるたび、新しい壁を作ってきた。

最初はペットボトルの水が入った段ボールを壁がわりに設置していた。しかしそれも乗り越えられるようになると、さらにそれに段ボールを積み高さをました。

(しかしそうなると、大人が通るときに必ず大股でまたぐ必要があり、何度も転げ落ちそうになる。不便極まりない。)

そうこうしているうちに、ソファーに上るようになった。

 Yahoo!の知恵袋見ると、ソファーに登らせるなんてしつけのなっていないと怒られているお母さんの書き込みがあった。

えっ?

登る登る、普通に上る。

むしろ登る、登りたがる。

 

そう、そこにソファーがあるから。🌝

 

第二作戦では、家の布団をソファーに積むと言うもの。

これはしばらく効果がありましたがしばらくすると、今度はその布団を掻き分けながら登るようになってきました。

ただそれぐらいになると、大分体つきもしっかりし、自分で降りられるようにもなってきたのであえて布団を下ろしソファーの上に登らせることに。

すると次なる問題が発生。

今度はソファーに身を乗り出して、反対側に行こうとするのだ。

次から次へと…。🌚

仕方がないので今度は、布団の下に引くすのこを二台を使って逆V字に織り込み、間にペットボトルの入った段ボールを入れ固定しました。

するとこれもまた効果があり、ソファーに登ってすのこバンバン叩く姿が見られるようになりました。

ここでこの話も終わりかと思いきや、今度はソファーの肘おきの隙間の向こう側にある電子レンジや棚に興味を持ったようで、隙間の向こう側へ行こうとするのです。

これにはほとほと困って、アイリスオーヤマで買ったアルミ製の網(ウオールラック?)を2枚ソファーの両脇につけることでこの企みを阻止しました。🌚

 

しかし、まだまだ悲劇は続くのです。

我が子は、ソファーの肘おきに足をかけ新しく設置した網を手がかりに、すのこに寄りかかりながらソファーの背もたれの幅の狭いところに立ち上がると言う、こちらの思惑を全て利用した悪魔の所業をやってのけました。

 Yahoo!の知恵袋さん、やっぱり赤ちゃんは登ります。🌝

しかし、しかしだ、われわれは知恵ある人類。打ちひしがれるようなことが繰り返されたとしても、何度でも立ち上がるのだ、いや、登らせないのだ。

と、言うことで今使っているのは、お風呂の蓋です。ちょうど高さもあり、さらにグニグニと曲がるため、ソファーの上に乗せ、重しを載せると壁の出来上がり。

巨人(わが子)の好きにはさせない!

ということで、上って上って仕方がないお子さんをお持ちのお母さん方、こういう方法もあるのでぜひチャレンジしてみてください。またさらに良い方法があったらぜひ教えてくださいよろしくお願いします。

…戦いの日々は続く。

 

産後ダイエット、その2

努力はしたくない、体力もない、何より美味しいものを我慢したくない。と、ナイナイづくし。

それでも痩せたい気持ちが溢れています。

前回のシックスパッドに引き続き、新たなるダイエットに挑戦です。

たまたま見たNHKの現代プラスでも、肝臓移植をしなきゃいけない家族が、父親が病気のため、母親も妊娠由来の脂肪肝のために移植できないと。たまたま、ドナーに恵まれことなきを得るというものでした。

脂肪肝、恐るべし。

やせなきゃ、です。

さらにその中で、娘に母親が提供する場面で、つやつやの肝臓(母親の)をお医者さんが手術中に誉めてるというもの。

なんと。🌚

ぽっちゃりさんにまで増産したわたしのからだは、出産時に非筋肉すぎて足がガクガクしてしばらく車いす生活になってしまったのは記憶に新しいが、今の産前産後太りは、お見せしようにも見せれない肝臓になっているのかもしれない。

 

痩せる=健康的な肉体にならなければ。

ということで、チャレンジしたのは

甘酒置き換え

大麦をご飯に混ぜる

おからとヨーグルト

です。

どれもテレビで取り上げられたメジャーどころ。

朝夕のお散歩が唯一の運動という

、悪条件で実施することに。

4月5月ごろはまだ57kgをうろうろしていましたが、今日現在は54kgに突入する日も出て来ました。

この体重って、地味にしか減らない。

雑誌とかの裏側にあるドカンとなんてことはありえない。

ましてや、やりたくないことが山ほどあるのに、そんな状況で基本的に痩せるのは無理。

なので、この三つの方法はズボラな自分にとてもあっていました。

特に大麦は、便秘解消にぴったりでした。

家族の一人が病気になると、そのために

家族が勉強して健康になると。なにかの番組で言っていましたが、

大変だったけど、本当にすべてのことがうまくいった。

と思えるように、健康的な体を目指します。

 

 

シックスパッドで産後ダイエット!

君はC.ロナウドになれるか!

というテーマではなく、「産後ダイエットは6ヶ月まで」の神話に対してのチャレンジの記録です。

そもそも、このブログの中でつらつらと話していた通り、我が子の病気発見、出産、入院、手術と怒涛の産後真っ最中でありながら、それでもダイエットかと。

自分のことはさておき、子どものために生きるの!と

粉骨砕身、出ない母乳を絞りながら頑張ってきました。

けれど

けれど、言いたい。

理想体重になりたいなんて言わないけど、でも

せめて前の体重に戻りたい

そう、もともとふっくら体質で始まった妊活。

53.5kγといえば中肉中背。

それがまさかの分娩台での

66.66kg

オーメンか!🌚(詳しいことはこのページで)

 

meiaiem.hatenadiary.jp

 

妊娠前までは、ちょっと太めを気にしていましたが、今となっては

メッチャッ痩せてるやん。

もう今、パンパン。あちこちパンパン。

生協のカタログの洋服のLサイズがぴったりなのよ、

ちょっと奥さん。

といううことで、別にC.ロナウドを目指しているわけではなく、前の自分に戻るためにシックスパッドのbody fitを手に入れました。

これは、もともと足とかわき腹に使うようですが、メーカーが全くおすすめしない部位にも積極的に使用しました。

まず、スタンダードな膝上、わき腹そして、下腹、太もも裏、お尻と合計5箇所に貼り付けて使用していました。

結果としては、

全く痩せない、やせやしない。(号泣)

そもそも、6ヶ月を待って体力の回復を待ち使用しました。

それまでは、良質な母乳のためにご飯と魚などの低カロリー高タンパク室を意識した食事をしていたため、54.95kgまで体重が落ちていたのです。そこに拍車をかけるために投入したシックスパッドでしたが、同時に美味しい食事への渇望から、食事制限も曖昧になってしまったのです。

そのため、体重はスタートして1ヶ月も経つと57kgオーバーとなり、残念ながら筋肉を鍛えて脂肪燃焼は全く成功しませんでした。

コンチクショウ。

ただやはり、筋肉を働かせるという点ではものすごい効果を発揮して、最初は刺激レベル8でも全くあちこち動き回れていたのですが、だんだん筋肉が付いてくると足に装着しているのに腹筋まで刺激されているのを感じるほどでした。

(旦那さんにつけたところ、同じレベル8でも、もともとの筋肉があるため歩けなくなるぐらいに筋肉が揺さぶられていたそう)

もともと筋肉がなかった私の体に、筋肉を与えてくれたのはとても良かったです。

さらにその効果なのか、週に一回通っていたマッサージにも行かなくてすみました。

腰が痛かったりとかの症状も改善されたのは、筋肉のおかげかもしれません。

残念な点を挙げると、ボタン電池と専用ジェルパッドの消耗率の高さでしょう。

ボタン電池は、ご存知の通り赤ちゃんの大敵。

見つけた瞬間にgo to hell.

なんですが、このボタン電池をわりかし消費するという点。一ヶ月に3ターンぐらいする感じ。

一セット500円ぐらいで、毎月1セットは無料で来るけれども、ボタン電池だけで1000円ぐらいの出費。

さらにジェルシートも30回使用したら効果が落ちるとのことで、だいたい1ヶ月に2回は使う感じ。定期購入にしても4160円の 2倍で8320円。

あれれ?本体価格をあっという間に越えてませんか?

 

それでもまあ、家にいながら筋肉を鍛えられるなら、安いもの?

もし、これから購入を考えの方は、充電式の2をおすすめします。

 

Q.シックスパッッドで痩せますか?

A.いいえ、痩せません。(良質の筋肉がつ来ます)

補足:産後の簡単エクササイズにおすすめです。

抜け毛ざんまい

産後4カ月を過ぎた頃、

ブラッシングをしても

髪を結んでも

髪を洗っても

床を見ても

掃除機をかけても

お風呂の排水溝を見ても

大量の抜け毛が溢れている

そんなホラーな状態がやってきました。

もともと、髪が多くてバナナクリップを弾け飛ばすなんて朝飯前だったんですが、

髪を洗う度に、自前の

毛たわしを製作できるほど。

これにはさすがにやばいと思い

早速グーグル先生に質問。

やはりというか、産婦さんあるあるらしく

ひどい抜け毛になるということで

とりあえず安心。

ただ、安心しただけで

掃除の手間は増大し

お風呂掃除をしてくれた旦那さんを恐怖の貞子現象に叩き込む羽目になりました。

利点といえば、あんまりにも髪が抜けた為、旦那さんが少しだけ心配してくれたこと。

後々、切れ毛のようにピンピン新しい毛が生えてきて髪の新陳代謝を促進させたぐらいでしょうか。

申し訳なかったのは、落ちた髪の毛をコロコロで遊びにきてくれた曾祖母が数分ごとに片付けてくれたことです。

 

結局髪は元どおり。

白髪もしっかり元どおりになりました。

ピッコロ大魔王😈のように、うまくはいかないようです。

残念。